海外発のフェスファッションを取り入れる

夏になると国内外で開催される音楽フェスですが、日本国内で開催される大型の音楽フェスには国内外のアーティストが多数参戦します。

国内の注目バンドの生の演奏が聴けますから、ロックバンドが好きな人は満足できますし、海外からは世界のヒットチャートで猛威を振るっている人気アーティストからまだメジャーレーベルからはデビューしていないものの、今から青田買いしておけば損はない新人バンドのライブまで楽しめます。

音楽フェス独自の服装をフェスファッションと言います。

海外のコンサートや音楽イベントを見ていると若い女性が花冠や顔にペイントなどをしていますが、それのことです。



洋服に毎年毎シーズン流行があるように、フェスでのおしゃれにもトレンドがあり、海外発のトレンドが日本のフェスファッションにも取り入れられます。

エキサイトニュースの情報を集めました。

フェスにやってくるセレブたちもやっているので、それを見た観客やファンがさらに真似をしてひろがっていきます。

最近海外で新たに見られたフェスファッションには、ジュエリー感覚で付け替えを楽しめるキラキラしたタトゥーシールや、ビンディに猫耳のカチューシャがあります。タトゥーシールはフェス以外の場セレブたちがしているのがよく見られましたから、流行に詳しい方なら知っているでしょう。


ビンディは元々インドの文化ですが、ジュエリーのようなデザインのものを額につけてフェスに行く女性が多く出現しました。


猫耳カチューシャは日本の萌え文化を連想させます。